看護師という仕事の特徴

看護師という仕事は、『資格を取れば、一生仕事に困らない』とか『女性でも男性と同様の給料が得られる』などのメリットばかりが目立ちます。
ですが実際には、決して額に見合わない責任感やプレッシャー、労働条件が多々存在するのです。
看護師が主に行う仕事の内容は、患者のお世話や医師のサポートです。
しかし、人それぞれ個性があるように、補助の仕方もその時々によって大きく違います。
マニュアルでしか動けないようでは、とても勤められない現場だということです。
また『人の補助』が仕事である看護師は、自分自身も大切に出来なければなりません。
それは何故かと言うと…『自分自身の安定』なしに『人の助け』は行えない、ということ。
かの有名なナイチンゲールも、「自己犠牲に頼る援助活動は長続きしない」ということを、最初から見抜いていたそうです。
向き不向きに大きな差があるということが、看護師という仕事の大きな特徴ではないでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ