最後の仕事

ナースは、ときどき、死にゆく人と向かい合うときもあります。
人生最後の後悔の言葉を聞かされるかもしれません。
たとえば「自分らしく生きればよかった」「必死に働かなくてもよかった」「自分の気持ちを示す勇気が欲しかった」「友達と、もっと友達でいたかった」「自分で自分をしあわせにしてあげればよかった」ということです。
いろんな方のいろんな言葉を聞いてしまうナースは、重い言葉もきくことがあるでしょう。
重くても軽くても、受け止めなければならないことがあるかもしれません。
人様の「死」に向き合うことは、やはりとてもとても重いことです。
それが仕事であるからこそ、ナースって、きっと想像しているよりもたいへんなお仕事なのだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ