人材バンク利用のコツ

人材バンクも営業力に差があり、得意な分野や地域があります。
また、担当者のツメが甘かったりすると、求人をする側と求人に応募する側とのマッチが必ずしもうまくいかず、肩すかしにあうような場合もあります。
その原因は担当者の能力にもよる場合がありますが、人材バンクに登録するときに、自分でここは譲れない、ここは譲ってもいい、と条件をはっきりさせておかないことも一因になります。
ナースとして働く場合、労働時間が多くてもお給料がよいということを優先するのか、少しくらいお給料が低くても定時に帰れることを優先するのか、寮がついていることが必須なのか、保育所が不可欠なのか、等々条件をはっきりさせておくことが大切です。
また、ナースを募集する側にとっては、どの程度のことをまかせられるか、どの程度の経験とスキルがあるのかが重要です。自分の経験やできることなどをきちんと人材バンクの担当者に伝えておくのが大切です。
そして、長く勤められる職場を早めに見つけるためには、ある程度譲るべきところは譲り、譲れない点は守って、自分にマッチした職場を探すのが大切です。
まずは登録から始まります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ